お気に入り...(ユーラシア? No.3)

NO3.で、いよいよお気に入り自転車のレストア再生の完成までを掲載します。
 やはりBS『ユーラシア』sign02
 先日、昔のユーラシアの写真を入手しました。
 初期のユーラシアと同じフレームのようです。
 Wレバー台座の形状は不明ですが、Bワイヤーダボ
 やフロントキャリアのダボ・センタープル台座位置・
 ヘッドセット等が同じに見えますeye
 70年後半以降のBS『ユーラシア』ですね。
 ようやくお気に入りの素性が分かり、ほっとですhappy01
 いよいよ、完成車を目指して組み立てですwrench
 アッセンブルしたパーツはクラシカルな物ばかり
 ですが、現行品もありますので紹介します。
 左から、亀甲模様の綺麗なポリッシュ仕上げのアルミフェンダーです。
 ダイヤコンペの現行品で、700CC用・幅:36mm、高さ20mm 定価の設定は、¥4,725 (税込)
 前後セットで取付金具付き、利用価値が高いですね。
 クランクは定番の昔懐かしスギノの【Super maxy】 165mmです。(PCDは144mmです)
 チェーンリングは新品で、穴あきの47Tと43T(いずれもスギノ)、インナーの43Tは辛いです(笑)。
 ステムは、Nitto Technomic 80mm ベル穴付です。(80mmが定番の昔品です)
 リアディレーラーは、当時物のShimanoの【クレーン】です。
 DuraAceの輸出向けモデルだとか? アウター受けがあるので後期型のようです。
 古くても、なんとか無事動きました。(初期型も一つ持ってますよ。confident
 Wレバーは、かなり珍しいモデルです。最初期のShimanoの600辺りでしょうか?
 Wレバー台座が珍しい形状なので、バンド式のWレバーから流用しました。
 台座にしっかりと収まって、きちんと動いています。 それとレバーが大きいので使いやすいです。
 フロントディレーラーは新品のバンド式の【Shimano 60】です。 600ではありませんsign02
 当時物の600の弟分でしょうか? 旧いパーツは面白いですねhappy01
 ブレーキは昔の超定番商品 DIA-COMPE【DC750】の直付けになります。
 赤いロゴが薄くなって、レトロです。 シュー(舟ゴム)だけは、効きそう物に変更しました。
 ハンドルはニットーの昔タイプで、ブレーキレバーは DIA-COMPEの穴あき軽量レバーです。
 (不用品を磨いて、パットだけ現行品に交換です)
 バーテープはクッション性の高いレザー風のテープで、お得な現行品です。
 サドルは国産重視で、Silkの刻印入りのハンモックサドルにしました。
 旧い商品ですが、光沢もあります。 昭和の昔の実用車はこんなサドルでした。
 やぐら付きなので一般車のようにスコヤを利用してセットします。
 最後にセンタースタンドを取り付けて、一応スポルティーフ風の完成車としました。
 あまり費用もかけない再生でしたが、評判も良くて、より楽しいレストア作業になりましたhappy01
 完成直後の印旛沼CRのナウマン像の発掘記念碑前のスナップです。
 おかげさまで天気も良くて、お気に入りの銀輪自転車に仕上がりました。