2011年3月のエントリー 一覧

壊された自転車

3月に入ると自転車修理が増えてきます。寒さで冬眠状態の自転車も活動を再開したのかもしれませんね。

最近の酷いひどい・惨いむごい 修理原因の話を一つ紹介です。
お客様が『チェーンが外れたので修理お願いです』といらっしゃいました。
 
外から見ただけでは分からないのですが、後輪を固定しているナットを弛めるとフレームエンドがどんどん拡がってしまいます。
この写真は再組立て時のものですが…
後輪のエンド幅は通常120mm程ですが、
20mm程度は広いでしょうか??
 
最初は、チェーンケースの固定ネジも何故か外れて?(ボルトの頭もなめて)
ケースが固定できてませんでした。。
 
チェーンは簡単に外れるほど、無精に伸びていないので・・・
 
チェーンが外れた原因は、チェーンケースの中でチェーンが何かに干渉して外れたか?
チェーンライン上で、大きく狂って・斜めに掛かって外れたか?  そんなのが原因です。
簡単に書いていますが、チェーンケースの修正や固定もとチェーンを掛け直すのも結構大変な作業でした。
 
このフレームエンドの異様な拡がりは、他の自転車屋で、
【バック拡げ】という工具でフレームを狂わしてしまったのが原因です。
 
後輪タイヤやチューブを交換修理する際に、手抜きの自転車店では
後輪をフレームから外さないで(左側のナットだけ外して) 
【バック拡げ】という工具を使って、無理にバックステーを拡げて交換
しています。
当然フレームのバックホークやステーは拡がって変形してしまいます。
 
これではタイヤやチューブの交換修理をしたのではなくて、
お客様の知らない内に、自転車を壊したと一緒ですね。。
 
こんな交換修理は本当に手抜きの自転車屋です。
これで交換修理代金を請求するのでは、同業者として、全く情けないです。
 
ネットで見ると某サイクルチェーンを始め、こんな自転車屋が多いそうですが…
********手抜きな自転車屋 *********
「バック拡げ」は、ママチャリ(婦人車)などの一般的な自転車の「後輪のタイヤ・チューブの交換時」に使用します。  後輪左側(ブレーキ側)のナット類をはずし、左側のフレーム下パイプのみを広げ、3cmほどの隙間を作って、タイヤ・チューブを抜くという工具で、これがあれば「後輪のタイヤ交換」が5分程度でできてしまいます。
この工具ができる以前は、自転車屋でも後輪のタイヤ交換時は左右のナット類を全てはずして後輪を完全にはずしてしまわないと「タイヤ交換」ができませんでした。
当時は「タイヤ交換」に30分以上ぐらいかかっていたのではないでしょうか!?
その手間を考えるとずいぶん楽になった物です。  まさに「自転車屋の秘密兵器」です!!
********** 壊しているのに 何をかいわんや *********

オールドパーツに問合せ

当店のホームページも今年からレンタルサーバで24時間稼動をしてますが。。(^・^)(^・^)

日毎・夜毎とアクセス件数が増えて、わずか2ヶ月程で1日に100件近い訪問者です!

2月の半ばに古い自転車部品のコレクションを掲載newしましたが、ネットの反響ってすごいです!!

メールで購入希望のお問合せをいただいて、、
自分の感覚では…発送作業に追われる日々が続きます(^^ゞ
 
お店のホームページ=もちろん自分で書いてるホームページですが、
大袈裟ですがコンテンツ?へのチェックというか・・追認者がだんだん増えて行く感じで。。
修理や相談やらで、実際にお店のお客様が増えてくる感じに似てワクワクですね。wink
 
ブログは始めるのは簡単なのですが、更新してゆくのは結構大変なので、
GoogleやYahooの検索でアクセスしてくれている人が増えて行くと、、これは無条件に発奮材料
 
現実のお店もネットの世界も、『やはり努力』かと…結構前向きな充実感に浸っています。

このページの上部へ

About

MTunderHat社の【カンバス】テンプレー
トを利用しています。
素晴らしいテーマが無料なんて…(^_^)
背景写真だけを差し替えて。。
店主 もがきの構図・・・です。(笑)
iPhoneなどのスマートフォン向けサイト
もあります。
スマートフォンでこのページを開くか、
URLの最後に i を付けていただけば閲覧
できます。

サイト内検索

Powered by Movable Type 5.2.10