6月は全くブログを更新しなかったので少し反省です。

陽気も良いので、小旅行用自転車ARAYA CX改で、昨年お客さんに教えてもらった
【車の少ない房総横断のサイクリングルートを2度ほどトレースしました。
1回目は、ルートを探索がてら白子温泉泊りの1泊小旅行サイクリング、途中で地図をにらめっこで…  大いに迷いました(笑)
2回目は、ほぼ迷わずに、太平洋自転車道を経由して飯岡温泉泊まりの1泊小旅行サイクリングになりました。
 
さて、車の少ない房総横断のサイクリングルートのポイント(【】印)の紹介です。
一緒にグーグルの地図を確認すると分かりやすいです。
①まずは、印旛沼の自転車道を抜けて、【上本佐倉交差点】を目指します。
②県道76線を進み、分かりづらいのですが、県道76号と東関道の交差点の
 左寄りに東関道をくぐる 【トンネル】があります。 
 【トンネル】をくぐって左折して砂利道を道なりに進みます。
③【アシスト】という会社が目印のT字路に当りますので右折して、すぐを左折
 【アシスト】の裏手に回り込む感じで進みます。
④すぐに右手に【高架鉄塔と上りの坂道】が見えるので、その道に進みます。
 そこからはほぼ1本道で、途中に八街わらの里等があり、朝陽小学校の交差点
 【国道406号線との交差点】を更に直進します。
⑤すぐに右手に【カインズホーム八街】が見えるので、沿って進みます。
⑥道なり進むと、急な下りがあってT字路を左折し、すぐに右折の急な上りです。
 【京都屋】を過ぎて道なりに進むと、また急な下りになってT字路に当ります。
⑦T字路を右折して、すぐの【老人ホームハーモニー】の前の道を左折します。
 遊水地や高架鉄塔を抜けて僅かの急な上りで、小さなT字路右折すると、
 付近の由来を書いた【史跡】があって、左の農道に進みます。
⑧目安なる印等もありませんが、道なりに進み八街市朝日の住宅区画を抜けて
 県道43号線沿いの【エネオスの実の口SS】の交差点まで進みます。
⑨県道43号を右折してから、300m程の二股を県道を離れ左方向へ進みます。
 そのまま道なりに進むと、コンビニの【セーブオン山武横田店】の交差点です。
⑨県道45号線と交差しますので、県道45線を左折して富里方面に向かいます。
 田舎の県道なので交通量は少ないです。
⑩県道45号線沿いの沖駐在所や渡辺材木店を過ぎると富里市の標識があって、左折路がある交差点のポイントがあります。
左側に【有限会社イトウ】の看板があります。
 
⑪このポイントを左折して、車の少ない房総横断サイクリングの核心部 に入りります。
ただひたすら道なりに走りますが、ほとんど行き交う車も無いです。
県道22号の小川食堂の交差点もそのまま道なりに進み、千葉東金道路の高速の上の架橋を過ぎて、しばらくすると急な下りになって、【真行寺】に至ります。
⑫さらにそのまま進むと、成東市の【大富小学校】から国道126号線と交差して、もう潮風も感じます。
国道126号線を越えて10数キロで九十九里海岸ですので、車の少ない房総横断サイクリングを走破です。
 
以上、八街の周辺の道が少し分かりにくいですが、国道や車の往来の激しい所もほとんど無い快適な房総横断道路となります。
当店からは九十九里の海辺まで片道60数キロですので、日帰りも可能な横断道路ですね。
 
ついでに久々に飯岡九十九里自転車道へhappy01
 
太平洋岸自転車道の一部ですが
海沿いの大変眺望の良い自転車道を屏風ヶ浦を目指して進みます。
当日は曇りと小雨でしたが、追い風で汐の音も心地よいです。
 
でも、残念ながら、3月の津波の影響で防護柵は全てなぎ倒されて、自転車を押して歩く場所も多くて、かなり回復に時間がかかりそうですweep