左の写真はメンテナンスが終了
 した…三連勝 3Rensho です。
 お客様にお写真を送っていただ
 きました。
 先日、ホームページを見ていた
 だいたお客様から、昔の自転車
 の修理依頼が来ました。
 それが…素敵な『三連勝』です。
 物置に長年放って置いたとの事で、錆が酷くて… …残念ながら動きません。
なんとか復活して乗車したい。そんな思いを託されて、ですね。
メンテナンス+再生計画でお預かりしました。
こんな素敵な昔の自転車のメンテナンスの仕事は大好きなので、一生懸命です(笑)
 
まずは、自転車を分解します。
フレームは、三連勝の再後期の物らしく、エンド幅130mm規格の8S仕様です。
フレームエンドの『3RENSHO』の刻印も珍しく… 『katana』・『Cyclone』の憧れのロゴも良しです。
フレームは鍍金部分の錆落しや若干の研磨、BBハンガーのタップ立て、ヘッド回りのグリスアップや玉当り調整等をして…
更に、ワックス掛けで色艶もずっと良好になりました。
 
ホイールはチューブラーだったので、シマノ600のハブを活かしてARAYAのRC-540という信頼・高級なクリンチャーのリムで組直しました。
左は、振れ取り台の『TS-3』のダイヤルゲージで最終調整です。(僅かな締めでメーターが変化します<(`^´)>
タイヤは車体に合わせて、ミシュランのPRO3のデジタルブルーをチョイスです。
コンポのパーツ類ではshimano600のSTIレバーがかなり難物でした。
長年放置だと精密な当時の兼用レバーは上手く動いてくれません。
オイルでの大洗浄と一部分解調整でようやく復活です。
新品の8Sのシュパーププロの前後ディレーラーで雰囲気とテストでは、かなり良好になりましたヽ(^o^)丿。
 
ハンドルについては、穴あけ加工がしてあり、ブレーキワイヤーを中通しする細工になっています。
ショップでの既製品への加工だと思いますが、当時の技術の凄さを垣間見ることができますね(@_@。。
 
2週間お預かりして、ようやくメンテナンス終了です。
お客様にも大変喜んでいただいて、一緒に祝杯も挙げることが出来ました。
とても感謝…confident 感謝です。confident。