2015年2月のエントリー 一覧

銀ロウ付けをやってみた。

  • 更新日:
  • その他, 出来事
季節柄、雨で寒いとすっごく暇になります。
まとまった時間が出来るので、『銀ロウ付け』をやってみました。
『銀ロウ付け』とは??、金属同士を接合する方法ですが、バーナーで素材を熱して
『銀ロウ』を接合部分に溶け込ませてくっつける作業です。
自転車では、ビルダーさんがクロモリパイプを接合する場合等に利用しますね。
個人的のはハンダ付け以外は未経験ですが、お手軽に試したいので、ガストーチバー
ナーと銀ロウ棒とフラックス等を用意しました。
長めの釘と鉄の小さなプレートを素材にして、『銀ロウ付け』をやってみました。
出来上がったものは、一杯珈琲の紙のドリッパーの置き台です。
一杯珈琲のフィルターをカップに入れないで珈琲が抽出できました。
接合部分は笑っちゃうほど汚いcoldsweats01ですが、自作品なので結構満足です。confident
 
 
下の写真は、センタープル台座のフロントフォークです。
何処かのビルダーさんの作で「レイノルズ531」のステッカーが付いています。
典型的なスポルティーフのフロントフォークですね。
左は、Diacompeのセンタープル直付け台座キットになります。(一昨年復刻です)
 
今年の目標は『銀ロウ付け』を沢山練習して、バックフォークにセンタープル台座を
ロウ付けする事(もちろん個人用自転車)です。happy01

Centurion MD20 日帰り輪行・・(富津 横穴墓群)

ドロップハンドルに改造したCenturion MD20で房総の古墳を輪行サイクリングです。
  前日までに、MD2を輪行仕様に若干進化させました。
  new シートクランプをレバー式に変更・リアスプロケットを13-26Tに変更・カメラ
    用に昔のフロントバックを装着等です。
 
お馴染みの千葉駅 07:45発 内房線館山行きに乗って、まずは上総湊駅まで。
 9時14分到着して・・富津市の古墳と珍しい横穴墓を廻ってきました。
 
one 岩谷観音堂(岩谷堂やぐら群)・・湊川沿いの急斜な山側です
道沿いに岩谷観音堂の看板と急斜な階段がありますが、この階段は避けて少し先の駐車
場の階段を利用するのが賢明です。
観音堂と古墳時代の横穴墓を利用したやぐら(納骨窟または供養堂)群になっています。
洞窟内の壁には仏像がたくさん浮き彫りされています。 磨崖仏(まがいぶつ)ですね。
 
 
two 大満(だいまん)横穴墓群・・館山道に併走する国道465号線 岩坂付近
山裾の竹林の密集地で斜面も急です。
大満横穴墓群の看板の裏手に僅かな道が作られていて、親切にロープを這わしてますが、
急斜面と竹の密集で軍手は必須です。
それ以外の処から入ると藪漕ぎ状態で危険です。あまり一人で入らないほうが良いかも
知れませんね。。(笑)  また冬場以外は避けた方が賢明だと思います。
大小多数の横穴墓が斜面上に作られていてビックリします。
 
 
three 弁天山古墳・・内房線脇の富津中央公民館に隣接する推定87.5mの前方後円墳
『房総の古墳を歩く』で・・・東京湾を見下ろすことのできる「房総の五色塚古墳」
ともいえる美しい古墳である。
昭和50年から53年にかけて修復整備され芝生が植えられ,階段もあり簡単に古墳の
上に登ることができる。
後円部墳頂に竪穴式石室があり、保存されている。
現存する巨大な3枚の天井石のうち,中央の石には両側に縄掛突起(写真4枚目)
という造出しがあり、房総では珍しい・・・と紹介されています。
晴天にも恵まれて、浦賀水道の洋上に富士山も見えました(写真2枚目)
 
 
four 絹横穴群・・富津市の吉野地区の吉野駐在所の裏手にある横穴古墳群です。
岩瀬川流域の崖ので総数11基が確認されているとの事です。
丁寧な造りの横穴墓群とのことで、穴は手前に前室、奥に小さな棚のような玄室を
備えた構造に造作されています。
「木」の文字と「許世」「大同元年」「古世」の文字が刻まれている横穴があります。
急斜の上り口にはロープを這わして、案内板も設置されていました。
県指定遺跡で、比較的整備されていて見学は容易いです。
 
 
five その他に【埼群古墳館】で紹介されていた 御陵塚古墳(佐貫駅近く) と
 絹稲荷塚古墳(吉野地区)を廻ってきました。
 
six ドロップハンドル化したCenturion MD20の実戦は。。
STIレバーとショートアームVブレーキ Diacomp MX-1 BA660の実戦での組合せ
を少し心配していしました。
STIのレバーとショートアームブレーキVブレーキでは、効き始めの関係でセッティ
ングがシビアになります。
リムとシューの隙間を僅かにセットしますが、リードパイプにDiacomp Flexie-Vを
使うことで、長めにアジャスターが使えて、車輪の取り外しもスムースでした。
ブレーキの引き幅も、Vブレーキなので若干ふわふわしますが、効き始めや肝心の
制動力も特に問題ありませんでした。 
予定通り、良い自転車にカスタマイズできました。wrenchconfidentwrench
 
ぶらぶら…のんびりと…大貫駅14:56発千葉行(15時台は無し)の内房線に乗って
日帰り輪行サイクリングは終了です。(遅い時間だと電車内で輪行は申し訳ないcoldsweats01
天候に恵まれて、快適なサイクリング日和の一日でした。(2015.2.16)

CENTURION MD20 をドロップハンドルにカスタマイズ

Centurion センチュリオン MD20 このミニベロには少しの不満もありませんが、
でも色んな思いから、ドロップハンドルに直したい・STIレバーにしたい等と若干の希望が出てきます。
比較的低価格なミニベロですが、この手の希望には幾つかの障害が出るものです。
まずは、フロントギアがシングルの仕様になっている。。事。
これはクランクを変えればクリアですが、お金も掛けたくないですね。
オリジナルはDRIVELINE 48T チェーンガード付なので、チェーンガードを外して余っていた39Tのインナーギアを装着してダブルギアにしました。
アウター側はチェーンリングスペーサーを噛まして1mm調整しました。(スペーサー追加出費 270円)
 
次は、フロントダブルギア用のアウター受けが付いていない。。事。
MD20はダウンチューブが31.8mm径なので、昔のバンド式ダブルレバー台座が使えません。
DIXNAのレバーコラムマウントも検討しましたが、本来の用途目的からSunXCDのシフトレバーマウントとShimanoのアウターストッパーで解決です。
ここら辺のニッチな小物は値段が高いです。(追加出費 シフトレバーマウント1,800円)
 
更に、ロード(カンチ)用のSTIレバーではVブレーキが引けない。。事。
 7速用ののSTIレバーST-A070(TOURNEY)では、付属の
 Vブレーキが引けません。
 一般的なVブレーキのアーム長は107mmですので、ロード用
 レバーでは引き量が合いません。
 新家工業さんの説明では、
 『同じブレーキストロークAを作動させるために、アームが長い
 ほど、ワイヤー固定部分を大きく動かす必要があり(C>B)、
 ブレーキレバーのストローク(引き)が大きくなります。』
 ロード用レバーでは引き量が不足する事になります。
 
『ショートアームの場合は、小さなブレーキレバーの作動で、ブレーキ本体を可動させることができます』
メーカーは決して推奨しませんが、幾つかショートアームのVブレーキを試してみました。
テクトロのミニV RX3はアーム長が一番短いので良かったのですが、タイヤにワイヤーが干渉してしまいます。
ShimanoのBR-R353ですと、まだ引き量が不足する感じで。。シビアです。
結局、ダイヤコンペのMX-1 BA660(現在廃盤)がベストマッチでした。
 
中古や余剰のパーツを色々組み合わせて、ようやく完成しました。happy01
ハンドルはSAKAE CUSTOM・HALの首長ステム・Shimano600のFDやRX100のRD等のいにしえの7速系のパーツも取り混ぜて、ミニベロロードのMD20が完成しました。
ブレーキやシフトの引きも軽く、気軽に乗りやすい自転車に変貌ですね。。
掛かった費用も僅かでしたが、希望を叶えた自転車に仕上がったと思います。

Centurion センチュリオン MD20 日帰り輪行

Centurion MD20はクロモリフレームの細身のミニベロです。
装備も最小限の7段変速のシングルバイクです。
タイヤは20×1.50の太目なので乗り心地も良いです。
こんな自転車がお気軽に輪行できるんですね。
昨年の12月ですが、久留里線の日帰り輪行をしてみました。
写真は久留里線の車内で輪行袋に収まるMD20です。
前輪だけを外して収納しています。
俵田駅で途中下車して、小櫃川中流域の古墳群を散策して木更津市内散策の
サイクリングに向かいました。
出先での機動力は格段に向上してスムースな古墳巡りです。
===小櫃川中流域
箕輪浅間山古墳・飯籠塚(いごづか)古墳・戸崎古墳群・白山神社古墳等
==木更津市内
稲荷森古墳・金鈴塚古墳・高柳銚子塚古墳等
 
帰りは木更津から15時台の快速久里浜行きで船橋まで一直線でした。

このページの上部へ

About

MTunderHat社の【カンバス】テンプレー
トを利用しています。
素晴らしいテーマが無料なんて…(^_^)
背景写真だけを差し替えて。。
店主 もがきの構図・・・です。(笑)
iPhoneなどのスマートフォン向けサイト
もあります。
スマートフォンでこのページを開くか、
URLの最後に i を付けていただけば閲覧
できます。

サイト内検索

Powered by Movable Type 5.2.10