クロモリロードレーサー・・・相変わらず人気ありますね。
 今回は走行距離5万キロ
 超え!sign02
 激シブのTESTACH(テス
 タッチ)が転倒して、
 デレーラーエンドが大き
 く曲がって…哀しいかな
  (ノдヽ*)走行不能です。
 
 左の写真は修理後の完成
 写真です。
 いつもバニアパックを前
 後に取り付けて…
 クロモリバイクは20年
 でも30年でも乗れちゃ
 う!!coldsweats01
 正に実例の自転車です。

 次の写真は修整工具のFF
 G-2をエンドに噛ませて、
 左右の平行をチェックし
 ながら、修正をしている
 写真です。
 クロモリフレームならで
 はの作業ですね。
 余り使わない工具ですが
 久しぶりの出番で張り切
 ってます。
 
 次の写真はディレーラー
 ハンガーの修正工具です。
 直付けのディレーラーハ
 ンガー専用なので、やは
 りクロモリフレーム向け
 ですね。
 ゲージをリムに沿って回
 転させ、6、9、12時の位
 置でゲージ先端とリムの
 間隔が平行になるように
 調整します。
 ハンガーが曲がった自転
 車は、最初は目視で修正
 して、後は少しずつ平行
 が出るように修正します。
 念のため、最後にハンガ
 ーのネジ部もタップを立ててお渡ししました。
大きな作業は平行が出たら終了ですが、曲がったハンガーは金属疲労があるので、その旨も引き渡し時に説明します。
新しいリアディレーラーを取り付けて、各部の調整も無事パスして復活しました。

作業代金は、1.リアディレーラーの交換 2.ブレーキシューの交換 3.バーテープ交換 4.リアエンド部の補修(エンドアライメント・ディレーラーハンガー修正)5.ブレーキ・シフトケーブル張替え 6.部品取外し・清掃・再組付け・調整費用等
合計で10,000円としました。(長年活躍の自転車に敬意を表してです。)