お客様の自転車 一覧

お客様のAnchor RML7

お客様の自転車紹介・・・Anchor RML7

 常連のヨネさんの栄光のロードアンカーのRML7です。

フレームは凄く気合の入った高価マグネシウム合金です。
 
マグネシウムはアルミに比べて軽い上に、アルミ同様の反応の良さとカーボンの振動吸収性を兼ね備えたフレーム素材との事です。

そんなフレーム素材の良さも味方につけて???
 決してそんな訳はありませんがヨネさんはこのロードでブルベでコースレコードを出したことや、、

600kmブルベも走破した快挙を教えてくれましたlovelycoldsweats02

とても高価なマグネシウムフレームですが、欠点として腐食が進行しやすいとの事です。
いつも大事に磨かなければなりませんね。wink

四方山話のついでにアルミ系のフレームの素材について、自転車の凄く詳しいお客様も交えて盛り上がりました。。
アルミ系ではSCANDIUM(スカンジウム)フレームなんてのもあるそうです。
当店では触ったこともありませんが、今でもKoga-Miyataから高価なフレームセットが入手可能なようです。
ちょっと前まで、イーストンやコロンブスのアルミフレームはとても高価だったし、ビアンキのトップモデルEV4に使われていた肉薄超軽量アルミフレームなんてのもありした。

今では、アルミフレームは入門モデルですが、アルミ系も廉価版から超高級品までやはり奥が深いです。

お客様のPELOTON

お客様の自転車紹介・・・PELOTONプロトン

 岡山県のフレームビルダー
 下森製作所さんの【Peleton】です。

 細身の美しいクロモリフレーム
 1980年代らしい作品です。

 このフレームの特徴は、ラグレスフレームでパイプの付け根が本当に美しい仕上がりになってます。
 スムースウェルディング加工と言うのでしょうか、技術が凄いです。
 
 コンポーネントは74DuraAce
 ホイールはAmbrosioステムとハンドルはCINELLIサドルはサンマルコ LEGAL
まさに、典型的なクラシックロードレーサーです。

お客様は、他にもCINELLIのSUPER CORSAのカンパのレコードの8速仕様も ご所有でうらやましいgawk

【Peleton】のブランド名ではダイヤコンペからシングルフレームのMADISONが発売されていますが、下森製作所さんとは関係はあるのでしょうか??
同じラグレスフレームですが、但し仕上がりは相当違いますね。

お客様のGIANT FCR1

お客様の自転車紹介・・・GIANT FCR1

 TT用のフレーム仕様の
 ようですが、、
 原型はフラットハンドル
 のクロスバイクでした。

 NEW105のコンポに一新して
 ブルホーンバーと
 頂き物のエアロバー
 を装着しました。 

 ツートンのバーテープが
 似合っていますね。。  

ピナレロFP2でチェーンが干渉(実証編)

引き続き...ピナレロFP2でチェーンが干渉する件です。

FSA BB70/68(68mmと70mm共有)が何とな
く、悪者で、BBユニットに疑いを持ちました。

それでは、現物を比べてみようと・・・
人柱モードで、さっそく手持ちのフレームの
BBを抜いてみることにしました。

BBの締め付けはトルクが大きいので、
フレームだけだと固定の問題で外れない可能性
もありましたが、右ワンは簡単に外れました。
左ワンはやはり駄目で、今回は交換目的ではないのでそのままです。

抜いたBBには、FSA MEGAEXOと書いてあります。
やはり、ゴム素材のスペーサーが1枚入っています。
ノギスで測ったら、1mmでした。

68mmユニットに左右1mmのスペーサーを入れて、70mmITA規格ということですね。think

もう1枚の写真は、アルテグラのSM-BB6700
 (ITA規格)と比べた写真です。
アルテグラの方はスペーサー等は入っていません。
締め込みネジ部も若干長いようです。
ベアリングホルダの幅をノギスで計測したら、
どちらも10.2mmでした。。
ベアリングホルダの疑いは晴れました。

そうすると、BBユニットの疑いで言えば、
もうゴム素材のスペーサーしかありませんね。

強く締め込めば、素材的に1mm以下になる・・・
アウターのチェーンラインが少し内側にずれる。
インナー-トップのラインで、チェーンがアウター
に当たる。
 こんな推理ですが・・
 
 

でもWEBの情報に従って、BBとクランク・チェーンをそっくり交換して、105のコンポあたりで固めるのも正解かもしれません。cat

何も実証できませんでしたがcoldsweats01・・ここまでです。

ちなみに、実証に使ったピナレロのフレームは販売中です。
関心をお持ちの方もいるので、近々に売れるかもしれませんね(笑)

価格(現品のみ) 63,000円・・売れましたhappy01

ピナレロFP2でチェーンが干渉

お客様が赤のピナレロFP2をもって相談にこられました。
PINARELLO FP2は、ONDAフォーク&カーボンバック&カーボンホークにPINARELLOのカラーリングを施した、とても人気のある高級自転車です bicycle

お客様の感じでは、
1.以前の自転車と違ってどうもしっくりこない・・・・?
2.変速性能がどうも気になる・・・?
3.クランクを交換したほうが・・・?
スペック的にはバラツキがあるものの
まあ、まあ、『こんなもんじゃないですか。。』と自転車談義をするうちに…cat
チェーンを詰めると、テンションが強まって変速性能がはっきりするので、お手軽チューンアップwrenchとしてチェーンを2コマ詰めてみました。
すると、、
インナー×トップ・セカンドでチェーンがアウターにチリチリと干渉するのがわかりました。eye
あまり使わない変速設定なので、この日はお手軽チューンアップwrenchのみで、原因を考えてみる事にしました。

チェーンがアウターギアと干渉するいうことは・・・
 ・アウターギアがゆがんでいる(違うでしょう。。ね)
 ・BBが正しく取り付けられていない(違うでしょう。。ね)
 ・後フレームや後輪の取り付けが悪い(バックホーク???)
 ・クランク/ギアが内側に入りすぎてチェーンラインがずれている。
等が考えられます。

お客様がネットで調べた感想では、どうも純正のクランクが評判が良くないようです。
さっそく調べましたが、『オリジナルクランクの変速性能には参りました。。』などと、weep
どれもクランクとBBを交換した記事ばかりです。
ピナレロFP2のクランク回りのコンポーネントは
クランクは MOst ega EXO(50-34T)
BBは FSA BB70/68(68mmと70mm共有)の構成になっています。

68mmと70mmの共有BB?wobbly?って

JISとイタリアンの違いは
シェル幅が68mmの場合はBSA規格(JIS)で、販売されている自転車は大体これです。
シェル幅が70mmの場合はITA規格で、高級ヨーロッパ車は大体これです。
規格での大きな違いは、BAS(JIS)は右側が逆ネジですが、ITA規格で右側も左側と同じ正ネジとなります。
それとネジ山の違いもありますから、無理に違う規格を入れると壊れます。

このBBユニットは共有なので70mmの場合はワッシャーを挟んで対応するんだろうと思いますが。
素朴な疑問ですが、68mmのITA規格のBBハンガーシェルってあるんだろうか・・???です。

ただ、このBBユニットだと
チェーンラインでベアリングホルダの厚みとかも・・疑いたくなります。
なんとなくクランク回りは変更してみたくなる…
そんな感じになりますね。

ここまで疑問が湧くと、手持ちの実際のフレームで試してみるか。。。です。

お客さんのリカンペント

 珍しい自転車をお客様が見せに来てくれました。
 黄色のリカンベントです。
 某鉄工所さんのアルミの自作フレーム
 ホークも全て自作だそうです。wink

 現在はモニターがてら、試乗中との事です。
 自転車のF1みたいです。

 私も乗せてもらいましたが、残念ながら足が短く
 ペダルに届きませんでした。weep
 こんな自転車で走ると、廻から注目されますね。

 腕に覚えのある方のオンリーワン リカンベント等
 もあるようです…
 確か以前にBD-1のリカンベントキットなる物も販売されていましたね。。

 手っ取り早く、是非乗りたいと思う方は、輸入車ですが タルタルーガTypeR 等が販売されています。

このページの上部へ

About

MTunderHat社の【カンバス】テンプレー
トを利用しています。
素晴らしいテーマが無料なんて…(^_^)
背景写真だけを差し替えて。。
店主 もがきの構図・・・です。(笑)
iPhoneなどのスマートフォン向けサイト
もあります。
スマートフォンでこのページを開くか、
URLの最後に i を付けていただけば閲覧
できます。

サイト内検索

Powered by Movable Type 5.2.10