サイクリング 一覧

『房総の古墳を歩く』の伊甚国編(長南町の古墳)

今年の初めに訪問できなかった伊甚国-いじみのくに-長南町の古墳の古墳を探訪します。
船橋駅9時11分の外房線上総一ノ宮行きですと、目的の茂原駅には10時早々に到着です。
さっそく自転車を組み立てて、油殿古墳に向かいます。bicycle
 茂原駅より真っすぐ広域農道を走り
 途中の長久寺の緑の看板の小さな
 道へエスケープすると、偶然ですが
 狭くて天井が凄く高い、珍しい隧道
 がありました。
 後でネットで調べると、永井隧道(
 ながいずいどう)という名称で、
 道路工事で後から道を掘り下げて
 天井が高くなった様です。
 房総は隧道が多いですが、こんな、
 縦長の隧道は見た事がありません。

埴生川周辺には関東ふれあいの道の案内標識が整備され、現地はわかり易いです。

油殿古墳の廻りは住宅地が開発されていて、住宅案内板には古墳山と記載されています house

油殿1号墳・・全長93mの前方後円墳 後円部径50m 高さ8.5m 前方部24m 高さ3.5m
画像の右側が後円部(案内板の後方) 前方部とかなり高さが違います。
真ん中のくびれ部は削られて道の様になっていますが、よく保護されていいます。
説明板も何ヶ所もあって、規模の小さい3.2.4号墳も良く分かります。

能満寺古墳に向かいます。  このルートは、関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)
千葉県コースの『13.先住民のあるいたみち』の一部で、案内標識も随所にあります。

能満寺古墳・・全長73.5mの前方後円墳 後円部47.5m 高6.5m 前方部26.5m 高4m
下草も少なく墳丘の形状も良くわかり、大変良く保存・整備されています。
高さが7m程あるので、墳丘に上がると古墳の形状が良く見渡せます。

木炭槨という埋葬施設と多数の副葬品が図入りで説明板に記載されてます。
外房に近いこの地区に、油殿古墳・能満寺古墳と大型古墳が保存・整備されて
いることに感銘と驚きを感じました。confident
ただ、肩痛で自転車が苦痛なので早々に上総一ノ宮駅から帰宅となりました。crying

ツール・ド・ちば 2015 ・・ 雨にもメゲズ...無事完走


今年も臨時休業で、第10回記念のツール・ド・ちば 2015に参加してまいりました。
初参加のお客様も加え、総勢4名の最強軍団での参加となりました。
 初参加のお客様は今年2月に
 自転車を始めたばかりの
 005番の『設計士さん』です。
 とても素晴らしい快速を披露
 してくれました。happy01
 今年はゼッケン番号が年齢順
 なので、相対的な年齢ポジシ
 ョンが良くく分かります。
 最高齢の0001番は70歳の超
 ベテランサイクリストさん。
 我々も 0005・0009・0021
・0038番
と続きます。  シングル番号の0005番は初参加 new の66歳の設計士さん
 シングルの0009番は64歳(私)で、0021番の先生が60歳
 と続きます。
 最年少の5?歳は、今年は20インチの小径車で出走となり
 ました。
 初日は なんと sign02  白バイが先導する一番スタートの
 Aグループで無事出発させていただきました。
 今年のコースは南房総を駆け廻る?…登りも多くてハードな
 コースです。(特に初日と2日目)
 千葉県の地形からも南房総は一番起伏に富んだ丘陵地帯です。
 初日は館山から白石峠を越えて25KMのAS⇒君津の丘陵地
 を登り55KMの亀山ダムで昼食⇒大多喜の丘陵地をぬって
 勝浦ダムの急な上り下りを過ぎて78KMのAS内浦山県民森
 ⇒一気に下って鴨川(93.1KM)のゴールです。
 昼食時頃から天気も下降気味でゴール時点では残念ながら雨rain
 となってしまいました。
2日目は朝から結構な雨でスタートの鴨川フィッシャリーナは至るところが水溜りです。rain
 上下の雨具で鴨川有料の登りに入ります。
 14.5kmのASふれあいパークきみつ⇒
 房総スカイラインから国道465号-最高標高
 を登って-46.5kmの酪農の里(昼食会場)
 ⇒和田漁港から海岸線を72kmのAS潮風
 王国⇒最後の安房グリーンラインを登って
 100kmの館山ゴールです。
 ☆午前中は結構な雨の中、怖い下りでパン
 クもしましたが、午後からは雨もあがって
 南房総のアップダウンを堪能する1日とな
 りました。(疲れた!!)
 3日目は63kmの館山ゴールの周回コース
 になります。
 昼食は野島崎灯台前広場の好きなお店で
名物のカレーが食べられるスペシャル企画が用意されていました。
海岸付近は強風でしたが、良く晴れて当日参加者も一番多くて、距離も柔らかくサイクリング大会らしい一日です。

今年は第10回の記念大会ですが例年より参加者が少ないようで少し寂しいです。weep
3日間のFULLステージ参加者は、2012年-427人 2013年-372人 2014年-257人 2015年-188人 と減少傾向です。
10年も続く『ツール・ド・ちば』ですが、関係者の方のご努力に心から敬意を払うと共に今後もこの大会がずっと続きますように願う次第です。
個人的には、第1回大会の出場者として今回も大満足の3日間でした。

京成船橋駅から 日本一短い芝山鉄道で千代田芝山駅へ(直通で約1時間です)
 輪行で芝山ー松尾地区の古墳を探
 訪しました。
 千代田芝山駅では、古代人の顔出
 し看板や飛行機埴輪が迎えてくれ
 ます。
 人気の少ない駅前でさっそく自転
 車を組立ててbicycle。はにわ道へ
 はじめての「芝山はにわ博物館」
 に向かいました。
 同博物館は、『遺物は発掘した地
 にとどめるもの』との意向で設立
 された、芝山仁王尊内の一角にあ
 る珍しい民間博物館です。
 主に、殿塚・姫塚古墳で発掘され
 た埴輪を展示しています。
 実際見物してみると見事な埴輪が
 多数展示され、吃驚です(@_@)
 他に見学者もいないのと写真撮影
 も良しとの事で、じっくり見学で
 きました。
 すぐ隣には町立の古墳・はにわ博
 物館があって、芝山町はまさに
 【はにわ】と古墳のの街ですね。
 左の写真は、復元された
 ○ 立派なの髭の人
 ○ 立派な馬  の埴輪です。

 「芝山はにわ博物館」見学の後は
 殿塚・姫塚古墳-山室姫塚古墳-
 朝日ノ丘古墳-蕪木5号墳と、
 最後に大堤権現塚古墳を巡る推奨
 コースです。

 蕪木5号墳を除いては、いずれも
 手が行き届いていて規模も大きく
 見応えがある古墳ばかりでした。
 特に周溝や周提が見事な大堤権現
 塚古墳は6世紀末~7世紀初頭の
 築造とされ、この時期の古墳とし
 ては、日本最大規模との事で千葉
 県民として誇らしいですhappy01

 天候にも恵まれて、ゆっくりと見
 学しながら、JR成東駅から帰路の
 輪行の旅。full
 『大人の遠足』 佳き一日ですconfident

camera こちらから 写真のアルバム を見てください。happy01

『房総の古墳を歩く』の下海上国編(小見川ー香取ー神崎)

船橋から 朝8時35分の成田空港行き 成田で成田線乗換で小見川まで、久しぶりの輪行
に始まって、『房総の古墳を歩く』の下海上国編を小径車で夜まで快走したぞ…happy01です。
 小見川駅ではタクシーの運転手さんの視線を
 受けて愛車の小径車をまずは組立…bicycle
 新装備の脱着式ペダルやレバー式のシートク
 ランプで、若干手際良い組立となりました。
 小見川駅からは城山公園を目指します。
 立ち寄った順番に小見川高校の敷地内の 
 ①城山3号墳 高校の正門脇の②城山2号墳
 城山公園では…③城山1号墳④城山4号墳
 ⑤城山13号墳と見学しました。
上の写真は13号墳の脇からの眺望です。(小見川周辺随一とのことです)
それから国道356号沿いに ⑥富田3号墳 ⑦富田1号墳 と廻り、 国道脇に堂々と立地する
⑧三之分目大塚山古墳に向かいました。
三之分目大塚山古墳は全長123mの感動の前方後円墳でした。heart04
手入れの良い墳丘からの眺めは利根川を広く見晴らし、吃驚の大きな石棺用石材が3基も残されています。confident。  今回では一番堪能できました。
そこから、香取駅を経由して⑨神道山古墳群 香取神宮近くの⑩又見古墳 …おいしい日本蕎麦を食べて… 珍しい名前の⑪変電所裏古墳 ⑫浅間神社古墳 と廻りました。
そこから利根川沿いのサイクリングロードに進んでしまって、余計な大回りで大戸駅を目指しました。
⑬森戸大法寺古墳 ⑭禅昌寺山古墳 を見学して、最後の目的地 ⑮中の城古墳に進みます。
 中の城古墳(神宮寺寺山古墳)は由緒深い神宮寺
 の仁王門脇を抜けて、急坂を少し歩くと、畑の奥に
 佇まいあるひっそりした古墳が現れます。
 台地の奥の落ち着いた雰囲気の古墳です。
 左の写真は、急坂前の三猿像です。
 「耳は人の非を聞かず、 目は人の非を見ず、
 口は人の過を言わず」の戒めでしょうか?
 下総神崎駅から輪行帰宅の予定だったのですが、
 見知った利根川サイクリングロードの風向きも良かったので、夕闇と争うサイクリングとなりました。
11時前から小径車で15ケ所を見学して、合計90数キロ快走?でっす。 午後7時30分 おかげさまで無事帰宅。coldsweats01 。 大欲張りの下海上国編の走破でした。

camera こちらから 写真のアルバム を見てください。happy01


 

自宅から印旛沼サイクリング道路ー八街市街を抜けて…
房総の古墳を歩く』で、山武市の古墳銀座と紹介された山武市の古墳ロードで有名古墳をサイクルウオッチです。(古墳の写真は下のアルバムから…)
 この道は、成東を抜けて九十九里海岸への横断サイ
 クルルートの一部で、何度も走った馴染みのルート
 です。(成東に向かって境川左岸の台地を走ります)
 今回は、やぶ蚊も湧かない3月中に立地場所が分か
 りにくい【経僧塚古墳】の探訪を、まずはメインと
 考えていました。
 【経僧塚古墳】は(南麻生支53)の電柱を見つけた
ら、案外簡単に辿り着けましたが、暗い杉林の中で大きな古墳が出現して感動します。confident
【真行寺古墳】群は、真行寺廃寺跡を過ぎて小道を進むと『山武市指定文化財 石仏』の看板があります。
そのまま右側の道を進むと、大きな方墳【真行寺9号墳】と周辺に古墳群です。
方墳の中腹に上の写真の石仏があります。
山武市の広報に、「素朴な表情が木立の間からみえる様子は、子どもが林の中でかくれんぼをしているかのようです。この石造物がいつ、どのような目的で立てられたのか判っていません。不思議だなと思ってながめていると、一瞬石造物が、ニヤリとしたような気がしました。」と記載がありますが、まさにそんな感じのサイクルウオッチになりました。
最後に、【胡麻手台16号墳】を訪ねましたが、これも訪ね難いとの情報があったので、経路の写真も下のアルバムに載せました。
評判どおり、本当に『大きな古墳が山中に隠れている』趣です。 杉林も手入れがされていてたっぷり見学できました。
『房総の古墳を歩く』では、山武窯先の荒地からも可能と紹介されていますが、現在はプレハブ建物が建ってフェンスで仕切られています。 
それから埼群古墳館さんで記載のあるルート沿いのその他の古墳も一緒にウォッチeyeしてきました。
それぞれ見ごたえがあり、本当に【古墳銀座】ですね。sign03

 camera こちらから 写真のアルバム を見てください。happy01

小森瓢箪塚古墳

久しぶりに、手賀沼周辺の古墳をボタリング探訪しました。
近くの北ノ作古墳は有名ですが、今回はあまり情報が無い『小森瓢箪塚古墳』に行っ
てきました。
 距離は短いのですが、中々辿り着けず周辺
 の集落の人に聞いてようやく巡り合えました。
 印西市の広報によれば、「実はこの蔵王権現が鎮座
 する塚状の山は、古墳時代前期にあたる西暦4世紀
 頃に築かれた古墳を再利用したものです。
 千葉県埋蔵文化財分布地図には小森入口遺跡と掲載
 されていますが、蔵王権現を祭る家で瓢箪塚と呼ん
 でいるため、小字名をとって小森瓢箪塚古墳と通称しています。
 古墳は詳細な形状を確認していないので確実ではありませんが、形態は前方後方墳と推定されます。」等。。ネットでも情報が少ないです。weep
 camera こちらに 写真 を掲載します。(一緒に立ち寄った小森城と平塚遺跡もあります)

  Google Mapに行程 bicycle を記載しました。

このページの上部へ

About

MTunderHat社の【カンバス】テンプレー
トを利用しています。
素晴らしいテーマが無料なんて…(^_^)
背景写真だけを差し替えて。。
店主 もがきの構図・・・です。(笑)
iPhoneなどのスマートフォン向けサイト
もあります。
スマートフォンでこのページを開くか、
URLの最後に i を付けていただけば閲覧
できます。

サイト内検索

Powered by Movable Type 5.2.10