その他の最近のブログ記事

今年も完走・・・ツール・ド・ちば2013

 【ツール・ド・ちば2013】 10月12・13・14日の3日間 無事完走しました!

 今年もお店を臨時休業して、昨年
 と同じメンバーで参加してまいり
 ました。
 
 初日の晴れやな記念撮影は、富津
 市総合社会体育館特設会場になり
 ます。
 
 今年のコースはエイドステーショ
 ン順に、
 初日(Stage-1)は富津から鎌足
 さくら公園 長柄町役場 八街市
 横芝山 成田市がゴールの
 125.7kmコース
 スタートから約1時間ほどのアカ
 デミアパークの登りにぜーぜー、
 ハーハー(~_~;)
 
 2日目(Stage-2)は成田市東和
 田特設会場から蓮沼海浜公園
 一松海岸駐車場 大多喜町上瀑
 小学校 県立内浦山県民の森 
 鴨川市総合運動がゴールの
 125kmコース
 例年お馴染みの大多喜の登りに
 力が入ります。
 ※自転車同士の接触事故で怪我
 した方が出てしまったのが、
 大変残念でした。
 
 最終日(Stage-3)は鴨川から
 「ちくら・潮風王国」「三芳村
 鄙の里」旧富津市立環南小学校
 下洲海岸駐車場を通って
 ゴールの富津市総合社会体育館
 特設会場に戻る
 116.4kmのコースになります。
 「安房グリーンライン」の
 長いトンネルから徐々に登りに
 なって、3日目なのに約10kmに
 渡り標高が徐々に上がり続けま
 す(~_~;)
 峠から海が遠望できて、起伏に
 富んだサイクリングです。
 
 今年は左側の自転車で参加しま
 した。
 自前の《mountain CAT》号cat
 フラットバーなのでステムが
 120mmもあります(笑)
 
 日頃の練習成果を発揮して、
 当店からの3人組も足の違いは様々なれど、去年以上に軽快に無事に走り終えることが出来ました。happy01
 三日間の天候もsunsunsunと申し分なく、とても楽しい大会となりました。
 
 昨年に比べて、参加人員が若干減っているようで、すこし残念な気持ちになります。weep
 頂いた資料からのゼッケンの合計では、
 1日目の参加者634名 2日目の参加者679名 3日目の参加者555名
 総計 1,868名 と昨年より大分少ないです。
 
 千葉県の最大のサイクリングイベントで、誰でも参加できる完走目的が趣旨の大会ですが、8回目となって新しい参加者が減っているのかも知れません。
 第一回大会にも参加した62歳の千葉県のサイクリストとして、もっと宣伝しなくては思いますthink

印旛七福神巡り

先日、系統的な印旛七福神巡りに初めて行ってきました。
季節的に違和感が若干ありますが、印旛沼周辺の楽しいボタリングコースです。
〇一カ所目は、万福寺の毘沙門天です。
 新川のSRから県道263号線を左折して、小道の坂を登ると到着です。
〇二カ所目は、高岩寺の福禄寿です。
 県道263号線を少し走って、宗像地区の交差点を左折すると到着です。
 県道64号線沿いに立地してます。 寺内に大きな鬼瓦がありました。
〇三カ所目は、東祥寺の寿老人です。
 高岩寺からは、集落の細い道を谷あいの田んぼの農道に出て進みます。
 少し走って、幅広の車道に突き当たり右に曲がると案内板があって、坂を登ると到着です。
 東祥寺の山門は鐘楼になっていて、紐を引くとおごそかに鐘が鳴ります。(大きな鐘の音です)
 印旛七福神の中でも、とても印象が良い、趣があるお寺です。
〇四カ所目は、慶昌寺の大黒天です。
 まずは裏道を使って464号線をまたいで、印旛日本医大駅を目指します。
 成田スカイライン線を越えて、いには野小学校⇒萩原公園の横道を通って、鳥見神社手前の小道を進みます。
 坂を下って道なりで現地ですが… ここは行き着くまで結構迷いました。
 慶昌寺は、山門に至る傾斜の階段が小道に面していて、山間の趣のあるお寺です。
〇五カ所目は、迎福寺の弁財天です。
 山沿いの農道を利用して、464号線の境田交差点を目指します。
 このお寺は印旛沼のサイクリングロード近くなので、看板もあり有名です。
 境田交差点付近からは464号線でも裏道を使っても僅かな距離です。
〇六カ所目は、円蔵寺の布袋です。
 成田スカイライン線をくぐり、印旛沼捷水路を超えて、田んぼ沿いを山あいに
 入って行きます。(途中にいのしし注意の看板もあります)
 道悪の急坂を登って集落を抜けると、大きな仁王像が目立つ円蔵寺に到着です。
 印旛沼捷水路に架かる六合小近くの【いちい橋】を経由すると、捷水路の素敵な景色も楽しいです。
 
〇最後の七カ所目は、西定寺の恵比寿です。
 円蔵寺前の道を進み、信号(八坂神社)を横切って小道を道成りに進みます。
 建築事務所の看板脇を通って更に下って行くと、やや分かりにくいですが右手方面に西定寺が見えてきます。
 ここは、ドラえもんも石像が鎮座しています。
 最後は双子公園脇の信号に出て、帰路につきました。
 適度な登り・下りと集落の小道を抜けるコースが多い、楽しいボタリングになりました。
 

朝日新聞に昨年8月、常陸風土記(和銅六年 713年)に記述がある…

景行天皇が下総の「印波(いん・ば)の鳥見(とり・み)の丘」に立ち、東の方に青く美しい海(香取の海)を見た…という丘はどこか?!・・・そんなミステリー的記事が掲載されていました。
 記事の中で『古代のロマンを感じ
 させる伝承の現場は、
 最近明らかになった古文書で、
 栄町矢口の一之宮神社(埴生
 (はぶ)神社)と見られること
 が分かった・・』とありました。
 ようやく5月の連休の最後に、
 一之宮神社を尋ねてみました。
 一之宮神社は利根川の矢口ス
 パー堤防近くで自宅から3時間
 程の愛車でのサイクリングです。
 神社は堤防からは少し離れた丘
 に建っています。
 スパー堤防と神社の間には大きな
 四つ葉牛乳の工場があって利根川
 も遠望することができませんが、
 実際その場所に立つと一段と丘が
 高く、きっと見渡す限り、
 【香取の海】が遠望できただろう
 と…雰囲気が良く伝わります。
 
 境内は誰もいなくて、古い鳥居・
 参道・大きな石灯籠・ご神木・
 社殿・社殿裏の小高い塚等、
 かなり立派な神社です。
 説明文によれば、「創建は延長
 2年(924)創立、現社殿は安和
 元年(968)に建立、
 建御雷命(タケミカズチノミコト)
 と日本武命(ヤマトタケルノミ
 コト)を祭る本殿は、
 一間社流れ造りで格式高い
 神社である」とあります。
 
 景行天皇は古事記や日本書紀
 で第12代天皇とされ、日本武尊
 (やまとたけるのみこと)の父と
 伝えられています。
 やはり、『鳥見の丘」』は一之宮
 神社なのでしょうか?
 最後の写真は社殿裏の意味深
 な塚です。
 
 このほか、「印波の鳥見の丘」
 は印西市小林の鳥見神社だと
 いう有力な説もあり、この神社も
 訪ねてみようかと思います。
 
 いずれにしても、印西市周辺は
 古代の史跡が多いですね。

印旛沼...なんと海だった(@_@)

今日からやっと暖かくなって来るみたいです…と、久しぶりのボタリングになります。

テーマは、以前から気になっていた『印旛沼は海だった!』を探訪する事です。(^_-)
  (@_@)ですが、
 今の利根川下流域・手賀沼
 印幡沼・霞ケ浦・水郷・北浦
 などの関東平野の広大な地域が
 『香取の海』と呼ばれる内海
 だったそうです。
 
 探訪ボタの最初は、印旛沼から
 流れる新川の村上橋近くにある
 八千代市立郷土博物館
 八千代市村上1170-2 無料
 としました。
 自宅から20Km程を春の陽を感じ
 ながらのボタリングです。
 
 
 
 ここでは、珍しい縄文時代の丸
 木舟(複製品)が展示されてい
 ます。
 5m近くありそうな長い丸木舟
 で、これで『香取の海』に漕ぎ
 出したのでしょうね。
 
 館内は節電のため結構暗くて
 写真も凄くピンボケです(-_-;)
 
 
 
 帰りは【佐倉ふるさと広場】
 まで、足を伸ばしました。
 少し手前に有名な万葉歌碑
 写真に収めました。
 
 
 詠み人 印波郡丈部直大麿
 潮船の舳越そ 
 白波にはしくも 
 負ふせ賜ほか 
 思はへなくに
 意味=(潮路を行く船の舳先
 を越す 白波のように 
 にわかに仰せなさることか 
 防人になるとは思いもかけな
 かったのに)
 
 7世紀に福岡に召集された
 兵士の和歌らしいです。
 
 本日の探訪はここで終了ですが、
 帰りはまだまだ寒かったです。。
 (T_T)/~~~
 

通信販売のお問い合せは...

【お問合せについて】

 当ホームページ掲載商品の購入希望の方は、商品はの大半が現品限りですので

 
 お問合せ確認後、折り返しメールでご案内させていただきます。
 
 ※ 一人で営業してますので、直接お電話でのご確認はご容赦ください。
   また、メールでのご返事が遅れる場合も何卒ご容赦ください。
 

【送料について】

 ゆうパックでお送りしますので、600円のご負担をお願いしています。
 

【お支払い方法について】

 お支払い方法は、ゆうちょ銀行かジャパンネッ銀行の口座への事前振込みに
 なります。(お問い合せ時にご案内します)
 

【完成車の販売について】

 ネットからお申し込みの場合でも、完成車はすべてお店でお渡しになります。
 宅急便等での発送はしておりませんので、ご留意ください。
1  2