お客様の自転車の最近のブログ記事

ミニベロを3台...

ミニベロの組立てやら販売がわずかな期間に、なんとまあ珍しくcoldsweats01 3台も重なりました。

 お客様の自転車の紹介になります

 が、いずれも貴重な小径車なので
 若干紹介します。
 まずは、両国のいちかわさんの
 〔River One ミニベロ16〕です。
 お客様のご依頼で再組立てを実施
 しました。
 相当に旧いフレームですが、程度
 はとても上等で塗装の輝きもロゴ
 マークも新車みたいに良好です。
 特徴的なのはシートステイが交差
 交差するクローズドシートステイ
 構造で、各細工もケーブル台座や
 フォークのライト台座も愛らしく
 細かいです。
 ホイールはアラヤのリムに昔のア
 ルミハブでクラシカルイメージで
 16インチの太目のタイヤと、貴
 重な本所のマットガード装備で
 上手くタイヤを覆ってますね。
 クランクはスギノのプロダイに
 TAの大きなチェーンリングが
 付いていますね。
 RDは買っていただいた、初代
 クレーン・後ギアは6速のボス
 フリー・変速機はサンプレの右
 レバーになります。
 ブレーキは旧車には定番のマフ
 ァックのクリテリウムですが、
 調整が難しいのでダイヤコンペ
 のケーブルアジャスター等を利
 用して、少しでも効きやすくし
 ています。
 
 もう1台の青のフレームです。
 これも再組立てですが、違う
 ロゴマークが入っています。
 オーナーさんのご趣味でしょ
 うか…?
 昔の部品も多いですが街乗り
 実用でブレーキはシマノの効
 き易い物を選択しています。
 
 最後は当店で製作のミズタニ
 のSeraph(セラフ)です。
 お蔭様でご近所の同好の方に
 お譲りする事ができました。
 タイヤが20インチ(451)な
 ので、ミニベロでも雰囲気は
 少し変わりますね。
 末長くご愛顧いただければと、心から感謝するしだいです。

お客様の三連勝(3Rensho)

 左の写真はメンテナンスが終了
 した…三連勝 3Rensho です。
 お客様にお写真を送っていただ
 きました。
 
 先日、ホームページを見ていた
 だいたお客様から、昔の自転車
 の修理依頼が来ました。
 それが…素敵な『三連勝』です。
 物置に長年放って置いたとの事
 で、錆が酷くて… …
 残念ながら動きません。
 
 なんとか復活して乗車したい。
 そんな思いを託されて、ですね。
 メンテナンス+再生計画で
 お預かりしました。
 
 こんな素敵な昔の自転車の
 メンテナンスの仕事は大好き
 なので、一生懸命です(笑)
 
 まずは、自転車を分解します。
 フレームは、三連勝の再後期の
 物らしく、エンド幅130mm規格
 の8S仕様です。
 フレームエンドの『3RENSHO』
 の刻印も珍しく…
 『katana』・『Cyclone』の憧れ
 のロゴも良しです。
 
 フレームは鍍金部分の錆落しや
 若干の研磨、BBハンガーのタッ
 プ立て、ヘッド回りのグリスアッ
 プや玉当り調整等をして…
 更に、ワックス掛けで色艶もずっ
 と良好になりました。
 
 ホイールはチューブラーだったの
 で、シマノ600のハブを活かして
 ARAYAのRC-540という信頼・
 高級なクリンチャーのリムで組
 直しました。
 左は、振れ取り台の『TS-3』
 のダイヤルゲージで最終調整
 です。(僅かな締めでメータ
 ーが変化します<(`^´)>
 
 タイヤは車体に合わせて、
 ミシュランのPRO3のデジタル
 ブルーをチョイスです。
 
 コンポのパーツ類では
 shimano600のSTIレバーが
 かなり難物でした。
 長年放置だと精密な当時の
 兼用レバーは上手く動いてく
 れません。
 オイルでの大洗浄と一部分解
 調整でようやく復活です。
 新品の8Sのシュパーププロ
 の前後ディレーラーで雰囲気
 とテストでは、かなり良好に
 なりましたヽ(^o^)丿。
 
 ハンドルについては、穴あけ加工がしてあり、ブレーキワイヤーを中通しする細工になっています。
 ショップでの既製品への加工だと思いますが、当時の技術の凄さを垣間見ることができますね(@_@。。
 
 2週間お預かりして、ようやくメンテナンス終了です。
 お客様にも大変喜んでいただいて、一緒に祝杯も挙げることが出来ました。
 とても感謝…confident 感謝です。confident。 

ホームページを見て、お客様から問い合せです。

 ミヤタのアルフレックスという

 自転車ですが、長年押入れに仕舞
 ってたのですが復活できますか?
 ・・・
 ミヤタのアルフレックスで当店の
 ホームページが最初に検索ヒット
 したとの事でした。
 
 左の写真は、再生・復活した自転
 車とオーナーさんのワンショット
 です。
 とても気に入っていただいて、
 当方も本当に嬉しいです。
 
 メールで若干のやり取りをして、
 自転車を持参していただき、ご要
 望等をお聞きしました。
 ○綺麗な自転車に復活したい
 ○チューブラーのホイールをクリ
  ンチャーのホイールへ
 ○劣化した部品の交換やメンテナ
  ンス 等です。
 
 左は持参いただいた自転車
 
 90年代の自転車ですが、保管状態
 も良くて、フレームの光沢もしっ
 かりしています。
 
 概算の見積りの打ち合わせをして
 お預かりしました。
 
 
 旧車の再生手順・・・
 ○フレームから全ての部品を外し
  ます。
 固着も無く、まずは第一関門クリ
 アです。
 
 左の2枚は分解後の写真です。
 
 ○フレームについてはワックス
  で丁寧に磨きます。
  汚れは大半これで取れます。
  僅かな瑕はタッチアップで…
 
 ○ヘッドセットのグリスアップ
  BB回りのグリスアップと
  玉当り調整をしながら、組み
  付けします。
 ○外した部品については、油汚
  れも酷い部品もあるので、
  極力清掃します。
  チェーリングやスプロケット
  ハブ等は汚れも固着している
  ので、薄めの剥離材等が有効
  になります。
  コンポは7速時代のシマノの
  600です。
  貴重なので再利用します。
  清掃ー洗浄ーワックス掛け等
  で仕上げます。
 
 ○ホイールは、ハブはそのまま
  利用してクリンチャーのリム
  に組み直しました。
 
 ○消耗品は交換します。
  タイヤ・チューブ・チェーン
  バーテープ・ワイヤー関係
  サドル等です。
 
 ○最後は全体を考えながら
  組み付けます。
 
 費用の内訳
 リム  Araya AR-01
 Spoke RACE14G
 サドル Selle BASSANO
 タイヤCLOSER Panaracer
 チューブ Vittoria42mm
 TNIナチュラルバーテープ
 チェーン CN-IG70
 部品合計 27,808 
 部品代値引き(20%) -5,562
 
 片面SPDペダル BPD-22 5,100
 (定価10290 50%OFF)
 
 ブレーキ・シフトケーブル
 交換費アウターケーブル込み
         1,600円
 自転車メンテナンス費用
 (分解・洗浄・グリスアップ
 ・再組立調整費・ホイール組等)
          8,000円
 合計 36,946
 特別価格 ⇒ 36,500円
 
 
 

Italian road号

服部自転車って…あまり聞きませんが、現在も国産自転車を作っている大阪の老舗自転車メーカーです。

スポーツ自転車では、現在は「Hattori(服部産業)」は【Wilier】の代理店で有名かもしれません。

 由緒正しい国産メーカーなので…
 昔のスポーツ車が在るのですね。
 ご近所のとても上品なお客様から
 HATTORIのItalian road号の
 レストア的修理を頼まれました。
 
 昔の自転車らしく、懐かしいサイ
 クリング自転車そのものです。
 特徴的には大き目のダイヤモンド
 型フレームに専用部品を取付けて
 27inch 1_1/4のタイヤを装着して
 います。(もちろん鉄リムです)
 変速関係はサンツアーとシマノの
 混在で、ブレーキ関係はダイヤコ
 ンペです。
 掃除をして持ってきていただいた
 のですが、随処が経年劣化です。
時代的には昭和50年?前後ですか…
重量的にも相当重たくて規格も違うのですが、当時は【Italian road】なんですね(^^♪
 今回の自転車修理のポイントは
 ○長年の錆や汚れの除去と駆動系
  のオーバーホール
 ○乗りやすくでプロムナードバー
  に、ハンドル・ステムを変更
 ○タイヤ・ワイヤー類等の消耗
  部品の交換等です。
 実際の内容は
 ・ホイールはスポークの錆が酷く
  新品のスポークに組み直し。
 ・27 1_1/4サイズのタイヤは、
  もうパセラしかありません。
 ・ブレーキの舟ゴムの硬化も酷い
  ので、手持ちの同等品に交換。
 ・BBやヘッドパーツの重要部品も
  錆が酷いのでやはり交換です。
 ・ハンドル回りはドロップバー
 を交換して、乗りやすくです。
・それからネジ類の錆が酷いので大多数をステンネジに交換しました。
・専用のキャリアやスタンドは錆を落として、透明の錆止めスプレーを吹き付け処理です。
・それから、フレームの細かい疵と錆はタッチアップペンで目立たないように補修しました。
・クランクも手持ちのトリプルと交換ですが、アウター側はチェーンガードに改造です。
 
古い自転車ですが固着部分が無かったので、輝きが少し甦った、乗りやすいサイクリング車leftright軽快車に
再生することができました。
お客様にも、とても喜んでいただき、楽しくて・嬉しい旧車の再生となりました。happy01happy01

Dura ax Delfino号

数ヶ月前に [Dura ax]の専用フレームをご購入いただいたお客様から完成車のお写真をいただきました。

 完成車全体の美しさに…

 思わず。。うっとり。。
 
 互換性など断固無視した
 80年代のエアロフォルムに
 しばし。。うっとり。。
 
 エアロパーツの造形にも
 やはり。。うっとりです。
 
 「眺めているだけでも楽しい」
 と
 そんなお客様の気持ちが
 すごくわかります(^0_0^)
 
この完成車の乗り心地は、
「クロモリ独特のしなり感+楕円チューブのしなり感が加わり、ロングライディングには、
非常に良さそうです」。。と、オーナー様らしい、羨ましいご感想です。
 
 パーツ類も もちろん
 [Dura ax]ですね。
 左から
 ・ケーブルガイドが
  特徴のリアディレーラー
 
 ・シフト台座もエアロの
  Wシフトレバー
 
 ・axのロゴ入りのエアロ
  ブレーキレバーとエアロ
  ステムのハンドル回り
 
 ・専用台座のフロント
  ディレーラー
 
 ・本当に極めて特徴的な
  キャリバーブレーキ
 それに80年代といえば、お客様もやはり探検ライトです(笑)
 それから[Dura ax]といえば、ランスも折ったDDペダルの専用クランクも有りですね。
 
 活力いっぱいの80年代でも、僅かな期間しか生産されなかった自転車ですが、末永く楽しまれる事を
 心より期待しています。happy01
1  2  3  4