修理の原因の最近のブログ記事

壊された自転車

3月に入ると自転車修理が増えてきます。寒さで冬眠状態の自転車も活動を再開したのかもしれませんね。

最近の酷いひどい・惨いむごい 修理原因の話を一つ紹介です。
お客様が『チェーンが外れたので修理お願いです』といらっしゃいました。
 
外から見ただけでは分からないのですが、後輪を固定しているナットを弛めるとフレームエンドが
どんどん拡がってしまいます。
 この写真は再組立て時のものですが…
 
 後輪のエンド幅は通常120mm程ですが、
 20mm程度は広いでしょうか??
 
 最初は、チェーンケースの固定ネジも
 何故か外れて?(ボルトの頭もなめて)
 ケースが固定できてませんでした。。
 
 チェーンは簡単に外れるほど、無精に
 伸びていないので・・・
 
 チェーンが外れた原因は、
 チェーンケースの中でチェーンが何かに
 干渉して外れたか?
 チェーンライン上で、大きく狂って・斜めに掛かって外れたか?  そんなのが原因です。
簡単に書いていますが、チェーンケースの修正や固定もとチェーンを掛け直すのも結構大変な作業でした。
 
このフレームエンドの異様な拡がりは、他の自転車屋で、
【バック拡げ】という工具でフレームを狂わしてしまったのが原因です。
 
後輪タイヤやチューブを交換修理する際に、手抜きの自転車店では
後輪をフレームから外さないで(左側のナットだけ外して) 
【バック拡げ】という工具を使って、無理にバックステーを拡げて交換
しています。
当然フレームのバックホークやステーは拡がって変形してしまいます。
 
これではタイヤやチューブの交換修理をしたのではなくて、
お客様の知らない内に、自転車を壊したと一緒ですね。。
 
こんな交換修理は本当に手抜きの自転車屋です。
これで交換修理代金を請求するのでは、同業者として、全く情けないです。
 
ネットで見ると某サイクルチェーンを始め、こんな自転車屋が多いそうですが…
********手抜きな自転車屋 *********
「バック拡げ」は、ママチャリ(婦人車)などの一般的な自転車の「後輪のタイヤ・チューブの交換時」に
使用します。  後輪左側(ブレーキ側)のナット類をはずし、左側のフレーム下パイプのみを広げ、
3cmほどの隙間を作って、タイヤ・チューブを抜くという工具で、これがあれば「後輪のタイヤ交換」が
5分程度でできてしまいます。
この工具ができる以前は、自転車屋でも後輪のタイヤ交換時は左右のナット類を全てはずして
後輪を完全にはずしてしまわないと「タイヤ交換」ができませんでした。
当時は「タイヤ交換」に30分以上ぐらいかかっていたのではないでしょうか!?
その手間を考えるとずいぶん楽になった物です。  まさに「自転車屋の秘密兵器」です!!
********** 壊しているのに 何をかいわんや *********

自転車屋なので、パンクやタイヤ・チューブ交換はお手の物ですが…
今日も前輪のパンク修理と思いきや。。φ(..;)
恐ろしい程、車輪を固定している固定ナットが回りません。。。
当店では前輪の修理は、車輪を取り外してチューブを出してパンクの修理をしています。
前輪の固定ナットは外れにくい場合もままあるのですが、大体はハブのロックナットをハブスパナで固定して一緒に回せば外すことができます。

でも、今日のはブリジストン製の自転車ですが特別に固いです。 

 前輪の固定ナットが取れにくい原因
 ほぼベアリング部分のハブナットの固着です。

 外した前輪のハブ軸を指で回しても、ハブ軸
 は全く回りません。
 こんな前輪でよく動いているなと。。
 思うのですが、 想像するに、
  ●ハブのベアリング部分に恐ろしい力が
   かかってる
  ●タイヤを引きずって動いてる
  ●もう..前ブレーキなんていらない。(笑)
 。。と、大袈裟にこんな症状なのでは???
 いずれにしても、無理に前輪を回している状態
 です。

以前にも書きましたが、前ハブで玉当り調整ができていない自転車は本当に多いです。

 今回は、CRC556をしこたまかけて待つこと30分…
 長めのレンチとハブスパナでようやく前輪を外すことが
 できました。
 もうハブ軸のネジ山も舐めちゃって、このままでは使用
 不可です。

 ハブ軸とナット類を全て交換してグリスアップをして調整
 しました。
 (新品のハブシェルだけが残ってもね。。)

 それから、やっと本番のパンク修理です。
工賃はパンク修理込みの1500円・・  思いがけない事で特別大サービスです(笑)

前輪の取付けは固定ナットも軽く指で回って、本当に軽やかな前輪復活となりました。

普通自転車(よくあるママチャリ)に付いている変速機は、ほぼSHIMANOのインター3変速機です。
このインター3変速機は、原理的には太めのハブ内部に遊星ギアが組み込まれていて、プッシュロッドを押すことで、内部のクラッチが作動して入力と出力の歯車を選択して変速する構造とのことです。
かなり複雑なメカニズムで、もしハブを分解・オーバーホールをする場合は、それなりの覚悟が必要です。
こんな物を1957年から作っているとは。。さすが世界のSHIMANOだね。wobbly 

 このお手軽な変速機で一番多いトラブルは、
 『変速ができなくなった』です。
 でも、、『変速ができなくなった』の大半は
 ケーブルの錆による固着なんですね。ハッハッハッ。
 写真はシフトケーブルが固着して、ユニット
 から外れないので、アウターケーブルごと
 切断したところです。
 変速ケーブルを交換して本来の変速ができる
 ようになりました。

 このインター3変速機の変速ケーブルは、両側に
 ニップル(タイコとも呼びます)が付いていて
 インナー・アウター一体構造になっています。

 

ケーブルを切ったりする必要がありませんが、フレームに合った長さのケーブルが必要です。
1520mm・1600mm辺りが多いですが、中には1900mmのケーブルもあります。

変速レバーはピアノタッチ式(軽い感じではないんですがね。。)とグリップシフトのレボシフター式があります。
いづれも取り付けには独特な要領があるので、初めてだと面食らいます。

シフトケーブルのアウターがボロボロになったり、強く力を入れなければ変速しなくなったりすれば交換時期です。
当店ではインター3変速機の変速ワイヤーの交換費用は工賃込みで950円になります。

内装変速ハブは段々進化して、現在は8段変速(インター8)まで入手可能です。
Panasonicの電動自転車では、より強くなったアシスト力を受け止めるために、耐久性を高めた『強化内装3段ハブ』も使われています。
停止時にも変速ができて耐久性のある内装多段ハブ。。
もっと軽量化すればますます魅力ですね。

チェーンが外れる(暑さのせい..??)

 今日も暑いですね。。 夏の暑さのせいか..??
 チェーンが外れたweepとお越しになるお客様が
 意外と多いです。

  ●全然油っ気なくて…、
  ●ダラリと伸びて…
  ●赤く焼けて錆だらけ…
  ●ステーも赤く錆まみれ…

 これは断固!!
 夏の暑さのせいではないんです。。

 チェーンに全く油分を補給しないからなのです。
 油っ気もないカラツカラの状態では
 外れてしまうのも当然なんですね。catface
 中には、買ってから一回も油なんか差したこと無いなんて剛の人もいます。

チェーンがもう疲れた・・なんとかしちゃりぃ! と訴えてますね。
後輪を弛めてチェーン引きを締めて本来の張りに調整して、給油でしっかり潤いを与えて元気を取り戻す…
チェーン外れのほぼ大半がそんな修理なんです。

チェーンが本来の状態に戻ると走りが軽くなります。
ペダルをこぐ力がロスなく後輪に伝わるので、走りがすごく滑らかになります。
チョットの手間で自転車もちゃんとそれに応えてくれますよ!

 そんな話をすると、『【556】でいいんですか。。』とよく聞かれます。
 【556】とは、KURE CRC-556 言わずと知れた超有名潤滑剤ですね。
 何もしないよりはいいんだけど。。
 単なる潤滑剤だから雨が降ったり、1週間も乗ったら、油が落ちてしまいます。
 若干、粘度のある機械油といえば…
 やはり自転車用の油が安くて一番手軽でしょうね。
 当店では手軽な150円です。

自転車の事故(保険会社へ見積り)

続けざまに、『前輪が回らない…』とお客様が修理の依頼です。
車と接触してしまったとのことです。 
被害は自転車だけということで、まずは何よりでした。

修理代金は保険会社に請求できるので見積書を作って欲しいとご要望でした。

さっそく自転車の安全点検を実施し、細部を写真も一緒に撮りました。

自転車全体の安全点検をすると、
前ホークが著しく変形しています。
それと一緒に前カゴも、それを支えるランプ掛けも変形しています。
このことで、前の泥除けがフレームに接触して前輪が回らない状態でした。
フレームは特に変形やクラック等の箇所は見られませんでした。
前ホークが衝撃を吸収したようです。                  

左図は、そんな内容を記載した点検の見積書です。

クロモリのロードバイクだとチューブが薄いのでフレームで衝撃を吸収しますが、買物自転車の場合は、前からの衝撃は前ホークでほぼ吸収するようです。

以前にも、携帯を見ながら運転していて、思わず壁に衝突して、前のホークを交換したお客様がいましたが、
この時も、フレームは損傷・変形・異音等は見られませんでした。
ただし、衝撃を受けているのは間違いないので安全な自転車とは言い難いです。
乗車する場合は、本当に慎重にとお話しました。

警察庁の資料によると、自転車事故全体の83.6%を対自動車事故 car が占めているそうです。
出合い頭等もありますので、安全運転をいつも心がけましょうね。confident

1  2